教育の多様化。これから学びの場を選ぶ時代に

MENU
  • TOP
  • 多様化する教育

フリースクールナビ

教育は多様化していく

これまで、教育を受ける場として公的に認められている場所は、皆さんのよく知る「学校」のみでした。その学校でいじめにあったり、勉強についていけなくなったり、様々な事情で不登校になった子どもたちは、在籍する学校に戻る選択肢しかなく、”公的に認められた教育”を受けることができませんでした。
しかしこの状況は、ここ数年で大きく変わっていきます。フリースクールや、オルタナティブスクールなど、通常の「学校」以外でも教育を受けられる場所を選べるようになってきています。
近年では、世界を目指す中・高生のスポーツ選手が練習時間をとるため、通信制の学校に在籍して卒業し、プロ入りを果たすケースも増えてきました。このように「より充実した学習ための選択肢」としてフリースクールや通信制高校の進学が広まると、いま学校に通えずに苦しんでいる子も「学校は選べばいい」という考えから、新しい学び場を探し、将来の夢を考えることができるはずです。

教育は多様化していく?

オルタナティブ教育とは?

オルタナティブ教育(Alternative education)という言葉を聞いたことはありますか?は、日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、「非伝統的な教育」や「教育選択肢」とも呼ばれ、ヨーロッパやアメリカの哲学的思想を取り入れた教育手法のことです。
オルタナティブ教育を取り入れた学校は、オルタナティブスクール(Alternative school)と呼ばれています。
オルタナティブスクールにはさまざまな種類があり、有名なもので言うと「シュタイナー」や「サドベリー・バレー」、「モンテッソーリ」など、その教育哲学によって学校のカリキュラムや教育方針も異なります。
いずれにしても共通して言えるのは、伝統的・画一的な教育ではなく子どもの個性を尊重し、活かすという点で一般的な学校とは異なります。

※オルタナティブスクールはフリースクールに含めて言及されることもありますが、そもそもフリースクールの定義自体が極めて曖昧なため、このページでは分けてご説明しています。

  • 決まった授業カリキュラムがない?

    シュタイナー

    • 教科書を使わない、テストをしない
    • 子どもの芸術性を大切にする
  • さまざまな年齢の生徒が集まる?

    サドベリー・バレー

    • カリキュラムがなく自分の好きなことを学ぶ
    • 学校運営をみんなの同意のもと決めていく
  • 入学試験や資格が不要?

    モンテッソーリ

    • 子どもの興味や発達段階に合わせた教育
    • 自由な環境で自発的な成長を促す

フリースクール・オルタナティブスクールの問題点

フリースクールやオルタナティブスクールは、これまで公的な学校としては認められていません。フリースクールに通っていても、学校に通ったことにはならないのです。
義務教育の小中学生であれば、フリースクールやオルタナティブスクールに通いながらも籍はもともと通っていた公立校にあり、その学校の校長の判断で出席扱いになります。

この問題を解決するのが、教育機会確保法案です。

多様な教育機会確保法

2017年2月に「教育機会確保法」が施行されました。これは不登校の小中学生が学校以外の場でも教育を受ける機会を確保するための法律で、次の2点が正式に認められました。

・学校を休んでもいい
・フリースクールも学習の場として重要


これまで学校は「行かなければならない場所」でした。そうなると、保護者も学校の教員も不登校の子どもを学校に行かせなくてはなりません。
不登校が認められない以上、人間関係や学業不振などさまざまな理由で不登校になった子どもたちは、「不登校は悪いこと」「不登校の自分は悪い」と、自分のことを責めてしまいます。

教育機会確保法で初めて「不登校児童生徒の休養の必要性(第十三条)」が認められたことで、「学校に行かないことは、悪いことじゃない。休んでもいい」と保護者も、学校の先生も堂々と言えるようになりました。

そうなると、不登校の子どもたちが学べる場所が学校以外にも必要です。そこで、これまでは公的に認められてこなかったフリースクールなどの学校外の学習の場が「重要」と法律で認められることになりました。
教育機会確保法では、国や自治体がフリースクールと連携して不登校の児童・生徒を支援することも求めています。子どもたちが学びの場を自由に選べる社会が実現しようとしています。

詳細:義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律の公布について(通知)

フリースクールをさがす
Q&A